去る9月15日に発売されました「マンション維持修繕ハンドブック(第5版)」様に改訂した最新の過去問解説書を発売します!  いち早く手に入れたい方は、今から申込みを入れておいてください。

過去問の解説文自体は、第4版用の過去問解説書と同じですが、設問毎に記している『ハンドブック(テキスト)掲載ページ』を新たに第5版の掲載ページに全て書き換えています。 価格は、送料・税込みで、15000円で従来と変わりません。

ハンドブック(テキスト)ですが、第5版は、第4版に比べ、30ページほど少なくなっています。ですが、内容的にはほとんど変わらず、むしろ私は、第4版の方が理解し易かったと感じています。

すでに、第4版をお持ちで学習をされている方は、ハンドブック(テキスト)も、第4版用の過去問解説書も、追加で買い足す必要は全く無いと思います。

明らかに異なるのは、ハンドブックの最初のページに出てくるグラフの「マンションの年間供給戸数とストック戸数の推移(国土交通省公表資料)」だけだと思います。第4版では、平成26年までしか掲載されていなかったものが、平成30年まで掲載されているところです。ここは、国土交通省のHPの最新グラフを確認しておけば大丈夫ですよ。

なお、余談ですが、ゆえにここのところの最新データは、今度の試験で問われる可能性があると思いますので、要注意だと思っています。

いよいよ試験が近づいてきます。 本書を活用して、今年合格してしまいましょう。