昨年、マンション維持修繕技術者の試験を受けました。

過去問解説本が無くて苦労しました。

一回で合格できましたが、膨大な勉強時間がかかりました。

今後のマンションを取り巻く課題等を考えたとき、この資格をもっと普及させるべきと思い試験対策の有効策は何かを考えました。

過去問解説本が一番と思い作成してみました。

本当は、「ポイント整理書」もセットで作成したかったのですが、作成しながら、過去問を完全に習得出来れば、かなり合格に近づけるものと感じました。よって、まずは解説本のみを出すことにしました。

ジャンル別に、過去問を整理したので、頻出箇所も理解できると思います。

私は、過去7年間の設問箇所をテキストにマーカーで線引きしてみました。そうすると、定番の頻出問題が明らかになりました。また、テキストのポイントとなるジャンルでは、設問を毎年微妙にずらしながら、設定している傾向があることがわかりました。丁度、今回の7年分で、テキストが全体的に線引きされた状態になりました。

実は、私は、250~300時間も試験勉強に割いたものの、こうした試験の傾向を理解するまでには至らずに試験日を迎えていました。今回、試験問題を分析するうえで、こうしたことも分かりつつ、皆様にご紹介できることで、「過去問解説書の本書が、十分に皆様の試験対策のお役に立てるものである」と言い切れるものであると思っています。

本書では、設問がテキストの何ページから出題されたのか出来るだけ細かく記載したので、過去問をやりながらその辺のメリハリがわかってくると思います。ご自身で、掲載ページに沿って、短時間にて、テキストに線引きしていくことも可能です。

それと、余談ですが、もしかしたら、協会非公表の2年分(H22・H23年度)過去問が、意外と重要かも知れませんよ。

 

特に、お仕事をしながら勉強をされている方には、時間的な面で、お役に立てると考えていますので、早めのご購入をご検討頂けたら幸いです。

よろしくお願い致します。