マンション維持修繕技術者試験 『過去7年問題・解説書(択一式)』 2018年版販売中です! 『7年間350問全ての紙面解説での理解』があってこそ合格スキルが身につくと考えます! 学習時間の確実な短縮に貢献します。このサイトのみの販売です。

この過去問集が手元にあれば、合格が近づきます!

今は、2018年版(昨年版)で宜しければ、残が少しありますので、販売致します。(送料・税込 10000円) ⇒ 残 8冊

本過去問集は、「マンション維持修繕技術ハンドブック第4版(テキスト)」に沿って作成されています。昨年版ですが、これがあれば、先日の試験分だけ独学すれば、8年分の過去問が勉強できますので、お得な面もありますよ。もちろん、これに加えて、最新版を購入される場合は、最新版が割安になるように設定しています。

2019年4月12日に、一般社団法人マンション管理業協会様の試験担当部署に、今年度試験の指定テキスト(参考図書)を確認しましたところ、今年度も、「第4版」と確認できましたので、お知らせいたします。また、指定テキスト第4版の第一刷と第二刷との差は、誤字脱字の修正程度と聞いていますので、不具合が生じる可能性は少ないものと考えます。

2019年版の発行予定は、7月頃を予定しています。よろしくお願い致します。

マンション維持修繕技術者試験の必勝ツールで、万全の合格ライン確保を! ボーダーラインから一歩抜け出そう!

これからの勉強の人も、過去問の徹底学習が一番の近道になると思います! 本書を最終仕上げで活用し、合格された方も多くおられます。

独学で手応えがいまいちと感じている人は、これを利用して『確実』に合格点を取ろう!

ハンドブック(テキスト)は850ページですが、過去7年間で試験に出題されたところは、この132ページ分で、『”出題ジャンル別”に整理』できているので、短時間で、メリハリ学習が可能です。

本書は、A4版、厚さ8mmで、カバンに納まり、
毎日の通勤時の貴重な時間でも、勉強がどんどん進められますよ。

また本書は、過去7年間『択一式試験』の過去問と解説・テキスト掲載ページを設問(枝問)毎に掲載しているので、勉強がとても早く進められます。

記述式試験は、割愛しています。合否の分かれ目は、やはり、「択一式試験」の得点であり、過去の択一式試験をマスター出来ていれば、記述式は、相当程度の得点が可能であると考えているからです。

なお、本書の「付録」として、マンション管理業協会HPに掲載されていない「平成23年度の記述式試験の問題と解答」をお付けいたします。この付録と協会HPを合わせることによって、記述式試験も、過去7年間の学習が出来る環境を皆様に提供いたします。

お申込み画面にて、必要事項をご記入の上、お申込み頂けたらと思います。 

===============================

850ページ、厚さ5cmのテキストは、重たくて厚くて持ち歩けないですよね!

そして、A4版 132ページの冊子なら、

先日の試験で、合格できたとのご報告も多数頂けていますが、合格は、皆様が一生懸命に頑張った結果だと受け止めています。

ただ過去問解説書が、概ね評価を頂けて、大変に役に立ったというご報告が多数頂けていますことは、とても有難いことであると受け止めています。合格された全ての方々の業界での活躍を応援しています。(^^)/

はじめまして、マンション管理士・マンション維持修繕技術者のHPオーナーです。

私は、宅地建物取引士、管理業務主任者、マンション管理士、マンション維持修繕技術者と、幸いにどれも一回で合格し登録してきましたが、このマンション維持修繕技術者試験の勉強は、過去問の解説が無かったので、枝問毎の正誤がよく分かりませんで、とても苦労させられました。

特に、正誤個数の問題は、答えの確定にそれなりの相当な時間を要しました。皆さんはすぐに答えが分かりましたでしょうか?  私は、過去問の答えを探す為のテキストとの照らし合わせに、相当無駄な工数を費やしてしまったと振り返っています。

しっかりと各設問の正誤が理解できないとスッキリしないので、7年間分の設問ごとの正誤箇所の確定をするだけで100時間くらい費やしてしまい、なかなか本質的な学習に入れませんで、とてもあせりました

本書にはその答えもしっかりと掲載されています。また本書だけの学習でも、テキストのポイントを一通り押さえたことになると思います。そうした答え探しや、確認の無駄な工数を省くと、極めてシンプルに勉強が進められると思います。

本書があれば、別途、要点本の購入、要点ノートの作成、セミナー受講などは、省けると思います。そう思って作成しました。過去問の間違ったところを自分なりに本書に書き足していけば良いのです。テキストが850ページあっても、結局、試験に出題されたところは、この132ページ分(設問・解説のページ数は、126ページ)だけなのです。加えて、ジャンル別に整理されている本書で勉強すればよく分かりますが、ダブり問題も多々出てくるので、エキスは、120ページ分くらいなのです。だから短時間にゴールが見えてくるのです。

勉強に出遅れたとか、このままでは全てのジャンルの勉強が間に合わないとかで、試験勉強をあきらめる必要はありません。こういう状況こそ、より一層、本書の真価が発揮できると思っています。 1年逃して、来年に法改正等でテキストが改定されて買い直しとなったり、再度試験を申し込んだりしていたら、それだけでも、確実に2万円以上は余計な出費となりますよ。だから、この機会を逃さないことが大切なのです。

私は、この資格を所持した仲間が、一人でも増えることの役に立ちたいという思いで作成してきました。だから皆さんも、最後まで挑戦の姿勢で臨まれることを期待しています。私と一緒に資格を取得してしまいましょう。

ご購入を迷う時間があるのでしたら、本書に『投資』をされて、良い結果を引き寄せることをお勧めいたします。

本資格は、民間資格ですが、マンション管理士や、管理業務主任者の仕事をしていても、この資格も持っていると気持ちが違います。仕事に自信が出てきます。だから、次回の試験で何が何でも合格し、資格を所持されることが、皆様の人生でも大切と思っています。

ご購入頂いた方のご質問、ご相談には、メールにて出来る限り対応いたします。

■☞ お申し込み・ご予約は、『お申込み画面から』お早めにどうぞ。

☞ 表紙  2018年版(昨年版)は、さくら色。

■ A4版 132ページとなります。

☞『過去問解説書サンプルページ』に実物を数ページ掲載しています。

 ■ 平成23年度も入っています。

☞  7年分だとポイントのほぼ全体が網羅されます。 

 2018年版(前年版)の価格は、15000円 10000円(税込み・送料込み)

(税抜き本体価格 13537円 8907円)

■同時に複数冊のご購入の場合は、数量に応じて割引を致します。ご相談ください。

2018年版、お持ちの方で、7月~8月発売予定の2019年版も、追加購入をされたい方は、割引価格10000円(税・送料込み)で販売します。なお、昨年版をご購入の方は、登録されていますので、昨年のご購入者の方に限ります。 お問い合わせページからどうぞ。

お支払いは、お申込み後にお知らせする銀行口座にご入金頂く形です。

 

入金後、速やかに発送しますが、銀行が休日の日は、入金確認が出来ないのでご注意ください!

価格については、大きく時間短縮が出来て、合格への近道エキスが詰まっていますので、ご理解を頂けたらと思います。

お仕事で忙しい方は、1年に1回しかない試験ですから、自分への投資と思って、貴重な時間との対価と考えて購入してみてください。特に働いておられる方は、一発合格を確実にしていく為の自分への投資と思って、ご購入してみてください。

最終的に、この資格の取得者が増えて広く活躍して欲しいというのが私の思う所です。 いずれ皆様と将来良き友人になれるツールと願って、心を込めて作成しています。

マンション管理士・マンション維持修繕技術者 大島 光博

ブログ

マンション維持修繕技術者試験受験生への直前エール!

いよいよ1年に1回の試験となります。 過去問解説書をご購入された皆様におかれましては、過去7年間の問題の「Aランク、Bランク」は、解ける様に完全に身に着けてしまいましょう。 恐らくほとんどは既にマスターされていると思いま …

手元在庫にて販売終了となります。

おかげさまで、ここまでそれなりにご利用を頂きまして、ありがとうございます。 これからの増刷の予定はありませんので、迷われている方は、早めにご注文をお願い致します。 これからでも、年末年始に勉強が出来れば、昨年もここからで …

未だ間に合う!最後の追い込みにどうぞ!

本書は、試験合格に向けて必ずや威力を発揮するものと思っています。 ジャンル別に、重要論点、頻出箇所の把握ができるので、私が合格した得点以上の点数(95~100点以上)は獲得できるものと思っています。 たまに、「過去問学習 …

マンション維持修繕技術者試験の記述式の対策について

記述式の問題は、実際には「記述」ではなく、主に「言葉選び」となっています。 試験時間は1時間ですが、20分くらいで回答できる量だと思います。 また、年度ごとに記述式試験の内容を見ていきますと、 その年度の択一式で出題され …

マンション管理士試験とマンション維持修繕技術者試験の同年受験の可能性

私は同年受験をしていませんが、マンション管理士試験とマンション維持修繕技術者試験の同年受験を考えられている方へのアドバイスとしては、『同年受験は可能』だと思います。その場合の一番のキーは、継続しての学習の『気力』が維持で …

PAGETOP